タクシー求人でチェックしておきたいポイント!業務内容も併せて紹介


働く時間帯を選べるかチェックしよう

タクシードライバーの勤務形態は、日勤、夜勤、隔日勤の3つがあります。日勤は朝から夕方までの8時間程度、夜勤は夕方から深夜までの8時間程度が勤務時間となります。隔日勤は朝から深夜まで働いて、翌日が明番という体調を整えるための休日となります。簡単にいうと1日働いて1日休むというサイクルの働き方です。タクシードライバーの求人情報では、働く時間帯を自分で選択できるか確認しておきましょう。たとえば、主婦が求人に応募するときは、家族と一緒に過ごす時間を減らしたくないから日勤がいいという人もいるでしょう。勤務形態が自分で選べる会社へ就職することで、ライフサイクルを崩さずに働くことができます。

タクシードライバーの仕事内容って何?

タクシードライバーの主な仕事はお客さんを目的地まで乗せて走ることですが、それがすべてではありません。自分が使うタクシーを掃除したり、お客さんを乗せたあとに業務日誌をつけることも仕事のうちです。お客さんの探し方は、車を走らせながら探す「流し」と駅などに車を止めて待つ方法があります。タクシードライバーの給与は歩合制なので、たくさんの収益をあげればそれだけ給与も上がります。休憩所にいるときにベテランドライバーの人からアドバイスをもらうなどして、早く乗務に慣れれば最初からどんどん給与を稼ぐことができます。

また、タクシードライバーは休憩も仕事のうちです。隔日勤になると、朝から深夜までが労働時間です。長時間の運転は事故の元になります。ドライバーはお客さんを安全に送り届けることが義務なので、会社は休憩時間を定めています。その時間はしっかりと休んで、事故を起こさないように体調を整えましょう。

タクシードライバーの求人は非常に多くありますが、高収入を目指せる魅力はほとんどの会社で共通しています。