正社員との違いは?派遣秘書でもキャリアアップが可能!


アシスタントからスタート

秘書は女性にとってあこがれの仕事の1つにあげられます。特に、大企業の社長付きの秘書をしてみたいという野望を持つ人もいるのではないでしょうか。しかし、秘書は正社員というイメージがあり、大企業の秘書になるのは敷居が高そうです。特に未経験の人は、いきなり大企業の秘書として働くチャンスはほとんどなさそうに思えます。ところが、近年は派遣秘書を雇う大企業も増えており、社会的に肩書のある人のもとで働くことも可能です。

未経験でも、秘書アシスタントとしてなら雇ってもらえることも多く、大企業で様々な経験を身につけることができます。色々な企業で秘書アシスタントとしての経験を積み、異なる企業に派遣されるたびにキャリアアップしていくことも可能です。

派遣と正社員の仕事内容の違い

ほとんどの場合、正社員と派遣の秘書の仕事内容に違いはありません。派遣社員の場合は、正社員よりも明確に仕事範囲が決められていることが多く、業務外の任務を頼まれることはありません。来客の対応をしたり、会議の準備をしたり、書類の作成・手配をしたりと、上司の仕事がスムーズに進められるようにサポートします。1人の上司の秘書をするだけでなく、複数の上司の秘書をすることもあります。また、正社員は部署移動や転勤がありますが、派遣は契約期間は同じ部署で働くことになります。時給は1500円から2000円が相場で、ボーナスはありませんが実績を積むにつれて時給も高くなるので月給30万円以上も夢ではないでしょう。

電話対応や来客対応、スケジュール管理など、その仕事内容が多岐にわたる秘書の派遣は、女性向けの求人として人気があります。時給が高い上に、未経験の募集が多いことなどが最大の特徴です。