外資系企業への転職日系企業との違いを知る


外資系で働くということ

外資系企業とは外国の企業、または外国人が出資している日本の企業のことを言います。外資系企業を選ぶときには、企業全体にとっての日本の組織の位置づけをしっかり確認しておく必要があります。また法人形態も日系企業との合弁会社なのか、100%外資の日本法人なのかをしっておく必要があります。これらは事業戦略や人事制度にも繋がることです。会社が突然日本撤退ということもありえるので、しっかりと企業形態を把握しておくことが大切です。

日本の会社と外資系の会社では少し違いがあり、この違いが外資系企業で働くメリット、デメリットと言えます。転職を考える前にこの違いを知っておく必要があります。

まず、外資系企業では、全員が即戦力と考えられているので、年齢が若くても成果を上げることができれば相応の評価を得ることができ、昇給・昇進に繋がります。逆に期待されている成果が上げられなかった場合には給与が大幅カットになったり、契約が打ち切られる可能性も高いです。外資系企業の多くは成果主義と言えます。

また、外資系企業の多くは年俸制を採用していて、残業をしても残業手当は出ない会社が多いです。いかに効率よく働き、成果を上げるかということを常に考えて仕事に取り組む姿勢が求められます。

外資系へ転職する方法

日本の転職サイトの中でも外資系に強いと言われているサイトがあります。また、外資系企業ではビジネスに特化しているSNSツールで採用活動をしている企業もあります。採用する側は日本での職歴を重視します。こういったビジネス専用SNSに登録し、すぐに自分の職歴が伝わるようにしておくことも大切です。

外資系求人は魅力的な待遇に設定されている事が多いです。求人の探し方は現在では外資系の求人を専門にした求人サイトがあるので、そのサイトを利用する人が多いようです。